ホーム > 2014年開催日程 > 第1戦 備北 > レポート

D1 STREET LEGAL SERIES Rd.1
4月12日(土)・13日(日) in BIHOKU

コース状況:12日(土)ドライ/13日(日)ドライ
公式入場者数:1,068名(2日間合計)
D1LL Rd.1 Report
Tanso Final - 単走決勝

藪内が高本を抑えて単走優勝を獲得!

  •  1st   藪内 美紀
    ORGIN Labo. with R・Y・O with GARAGE-1 with pink☆style

    昨年まではフェイントぎみに進入してきた藪内だが、今回は1発に見えるようになスタイルに変え、早い段階からアクセルを踏み込みアベレージスピードの高い単走を決めて98.55点を獲得。暫定トップの高本の得点をうわまわって単走優勝を決めた。

  •  2nd   高本 絵理子
    FERRDOM with 梶原家
  •  3rd   三宅 輝実
    ACTIVE FORCE

 2014年で5年目のシーズンとなるD1レディースリーグは、発足から3年連続でチャンピオンを獲得した久保川澄花が卒業し、昨年のチャンピオンである味元美智恵がD1グランプリシリーズにステップアップ。新見理恵もD1ストリートリーガルに主戦場を移したことで、新たな選手の活躍が期待された。
 もともと参加者数は10名だったが、ひさびさに参加する予定だった中島恭子が直前にリタイヤしたため、9名で単走決勝が争われた。たったひとりだけが追走に進出できないという状況と、D1ストリートリーガルシリーズとおなじく3本から2本に本番本数が減ったことでプレッシャーが高まったのか、追走通過のボーダーラインはまずまずの走りを決められるかどうかという戦いになった。
 ゼッケン8番から13番が走行した前半のグループでは、三宅輝実が1本目にまずまずの走りで96点台を出すと、2本目に98.00点を出して暫定トップを獲得。それに初出場の白井麻那と中塚志帆子が続いた。
 つづいて昨年の上位陣となるゼッケン3番から7番のグループ。ここでは高本絵理子が1本目から98.70点で暫定トップを取り、藪内美紀と山下美穂、岩本明日和も通過カクジツとなる得点を獲得。これにより最初のグループで2本とも失敗してしまった岩崎沙織里の単走敗退が決定した。
 そして2本目。岩本はミス、山下&高本も得点を伸ばせず順位は変化なし。最終走者の藪内の走り如何で単走優勝が決まる状況だ。注目の1本となった走行で、藪内は気合いの入った飛び込みを決め、その後もいいラインをトレース。結果、この走りが98.55点の評価となって高本をうわまわり、藪内が単走優勝を決めた。

  •  Pick Up  
    岩本 明日和
    ZEUS

    2012年は高い車速からの思い切りのいい飛び込みで単走優勝を取りまくった岩本だが、2012年後半にマシンチェンジした影響か、2013年は本番のなかで高得点を出すことができなかった。今回も昨年の準優勝実績から活躍が期待されたが、2本本番で走りをまとめられず、追走進出は決めたものの単走優勝は逃してしまった。

  •  Pick Up  
    岩崎 沙織里
    Team NAUGHTY with 梶原家 and KRC

    開幕の約1ヶ月まえの練習で土手に乗りあげて横転全損。開幕戦までにはニューマシンをなんとか仕上げて間に合わせ、練習走行ではまずまずの走りを決めていた岩崎。しかし単走決勝では2本とも大きく戻ってしまい得点を伸ばせず、残念ながら追走進出は果たせなかった。

単走決勝結果
Pos. No. Driver Car Best Ave.
1 3 藪内 美紀 PS13 98.55
2 7 高本 絵理子 S14 98.45
3 9 三宅 輝実 S15 98.00
4 5 山下 美穂 PS13 97.55
5 12 白井 麻耶 PS13 97.15
6 11 中塚 史帆子 S14 97.05
7 6 岩本 明日和 PS13 96.75
8 13 田邉 愛弥 S14 96.60
▲ 以上 追走トーナメント進出 ▲
9 8 岩崎 沙織里 PS13 96.55
- 10 中島 恭子 S14 RETIRE
Tanso Winner - 単走優勝

藪内 美紀
ORGIN Labo. with R・Y・O with GARAGE-1 with pink☆style


 ドラミで飛んでくるときのスピードが重要と言っていたので、進入の仕方自体は変えてないんですけど、振り出したあとすぐにアクセルで旋回できるようにしたんですよ。去年までのヤツはリセットして、1発に見えるように。
 去年のビデオを見直してみると、審判席まえで待ってる時間が長く見えたので、金曜日からそれを練習はしてたんですけど、なかなか去年の感覚が抜けなくて、土曜日のリーガルの予選のときになんとなく雰囲気掴めたから、いかな〜って。そしたらまた走りすぎたのか、日曜日はわからなくなってて、レディースの単走のときは気持ちを切り替えて望んだら1本目ちっさくなってしまったけど、2本目はなんとかできたかな?ってかんじですね。

Tsuiso tournament - 追走トーナメント

初出場の中塚は大健闘!
山下は危なげない走りで貫禄勝ち!

  •  Final Battle  
    山下 美穂(PS13) vs 中塚 史帆子(S14)

    山下先行の1本目。中塚は最終コーナーから離されてしまい、最後までその距離を詰めることができず、山下のアドバンテージ。入れ替えた2本目は、山下が絶妙な距離感で終始中塚に寄せきって優勝を決めた。

 初出場者が3名も追走に進出した開幕戦。ベスト8では田邉愛弥が藪内美紀と、白井麻那が山下美穂と対戦したが、経験の差は埋められずそれぞれここで敗退した。
 そしてもうひとりの初参加者である中塚志帆子は三宅輝実と対戦。三宅先行の1本目、中塚は大きく三宅に離されてしまうが両者ともに大きなミスはなく、6対5で三宅が1ランクのアドバンテージを取るに留まる。入れ替えた2本目、後追いの三宅は様子を見るように距離を離してきたが、1コーナーで大きく戻ったことで中塚が逆転勝利を納めた。
 ベスト4には、藪内、山下、中塚、高本が勝ちあがった。まずはじまった藪内と山下の対戦は好勝負が期待されたが、藪内先行の1本目、藪内にクラッチトラブルが発生! レギュレーションで認められた5分間の作業のなかで修復が試みられたがタイムオーバーとなり、山下がまず決勝戦進出を確定させた。
 そしてもういっぽうのブロックでは中塚と高本が対戦。予想では高本優勢と見られていたが、中塚先行の1本目に高本は、2コーナーへのアプローチで戻ったうえ、入れ替えた2本目も1コーナーから2コーナーにかけて大きくコースアウトしてしまい自滅。初出場の中塚が決勝戦に進出した。
 そして迎えた決勝戦。まずは山下が先行だ。これまで1度も接近して最終コーナーからついて行けなかった中塚は、またしても山下との距離をつめることができない。どちらも大きなミスはなかったが、すべてにおいて山下の完成度がうわまわって8対7で山下のアドバンテージ。入れ替えた2本目。中塚も悪くはなかったが、山下は近い距離からキッチリ合わせきって勝負あり! 山下が開幕戦で優勝し、チャンピオン争いに向けてスタートダッシュを決めた。

  •  Pick Up Battle  
    藪内 美紀(PS13) vs 田邉 愛弥(S14)

    藪内先行の1本目、田邉は大きく藪内に離されたうえ大きく戻り、7.5対4.5と大きくアドバンテージを取られる。入れ替えた2本目、田邉はミスなく走ったが、藪内が審判席後からキッチリと寄せたことで藪内がベスト4に進出した。

  •  Pick Up Battle  
    山下 美穂(PS13) vs 白井 麻那(PS13)

    初出場で追走進出した白井。田邉とおなじく後追い時に離され先行の山下にアドバンテージを取られると、先行では山下がキッチリと寄せた後追いを決めたことでここで敗退。ふたりとも今後が楽しみなニューカマーだが、追走経験が課題となる1戦になった。

  •  Pick Up Battle  
    藪内 美紀(PS13) vs 山下 美穂(PS13)

    名勝負が期待された好カード。しかし藪内が先行の1本目にクラッチトラブルが発生し、藪内は進入からベストのラインを通過できず、さらに審判席まえでも戻ってしまい大きくアドバンテージを取られる。ホットピットで復旧が試みられたが、5分間ルールの許容時間オーバーで無念の敗退となった。

  •  Pick Up Battle  
    中塚 志帆子(S14) vs 高本 絵理子(S14)

    実力&実績でうわまわる高本だったが、後追い時に中塚が1コーナーで角度がつきすぎたかに見えたところで戻ってしまいアドバンテージを取られる。入れ替えた2本目は持ちまえの勢いある飛び込みを決めたものの、その勢いをコントロールできず大きくコースアウトしてしまった。

Winner - 優勝

山下 美穂
Agent-k Real with GARAGE-1 KENDA


 最初は備北に出るつもりなかったんですけど、いろんなひとが協力してくれて出られるようになって…。練習のときはボロボロで、単走のときも思うように走れなかったから、追走でも決勝に行けるとは思っていなかったので…どうなんですかね? かんぜんに棚ボタです。
 走り自体もぜんぜんよくなかったです。朝は路面がすごく冷えてて、ぜんぜん止まらなくて土手に激突してたから、単走も通らないんじゃないかって思ってたくらいです。
 備北は3年ぶりです。そのときは3発振りだったんですけど、みんなまっすぐから1発で入っていったので走り方を変えたんですけど、それが出来なくて…。単走はとりあえずまわろうってかんじで攻められなかったです。
 追走は藪内さんのクルマが壊れていなければそこで負けてたと思うので、やっぱ棚ボタですね。
 決勝でもぶつけてしまって…。もぉ、あれもそのまんま志帆子さんがまわっちゃったら負けになると思うんで、運なのかな〜と。藪内さんともやりたかったし、すっきりしないかんじでですね。

  • 2nd - 2位
  • 中塚 史帆子
  • Technical Garage N-body

  •  明日和さんと美紀さんにあこがれて「とりあえず出たい!」ってだけだったんですけど、美紀さんのススメで備北にエントリーしたんです。だけど、エントリーしてからクルマを作って「1回くらいは走らないと!」と備北に行ったら10周でタービンブローしてそれも直さなきゃで…。ホンマ木曜日に出発するまでクルマをイジってもらっていたんで、まさか決勝まで行けるとは…ですね。夢みたいなかんじなので、実感がぜんぜんわいてないです。
  • 3rd - 3位
  • 藪内 美紀
  • ORGIN Labo. with R・Y・O with GARAGE-1 with pink☆style

  •  山下さんとの対戦のとき、最終の手前の2速のときに失敗して体勢を作って3速入れるときにクラッチが滑ったんですよ。ストレートも加速しなかったし、振り出しもサイド進入したんですけど、むりくそドリフトしたかんじ。角度浅いしケツが出ないかんじになってしまいましたね。不完全燃焼です。優勝取る気マンマンやったから、相手のミスとかで勝つじゃなくて自分がやって勝ちたかったから…精神的な状態も安定してたんで残念ですね。
Result - 結果
最終順位
Pos. No. Driver Team Car Color Tire Point
1 5 山下 美穂 Agent-k Real with GARAGE-1 KENDA PS13 KD 15
2 11 中塚 史帆子 Technical Garage N-body S14 - 11
3 3 藪内 美紀 ORGIN Labo. with R・Y・O with GARAGE-1 with pink☆style PS13 ピンク FD 8
4 7 高本 絵理子 FERRDOM with 梶原家 S14 KD 6
5 9 三宅 輝実 ACTIVE FORCE S15 FD 4
6 12 白井 麻耶 MORE DRIVE PS13 ピンク MX/KD 3
7 6 岩本 明日和 ZEUS PS13 TY/NK 2
8 13 田邉 愛弥 E.style.D S14 ピンク FD 1
Copyright ©  Sunpros Co.,Ltd. All Rights Resarved.